プログレス個別教室

兵庫県の明石市、西宮市を中心に4教室を展開する個別指導塾プログレスのブログです。

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。

講師の皆さんにアンケート!~大久保教室編~(2)

前回の続きです。

410951.hateblo.jp

Q3:今、大学では何を学んでいますか。

 大学では国際政策の分野を学んでいます。

主な流れは世界の通貨の流れや国際機関のシステムや役割を理解し、難民問題、貧困問題へと思考を巡らしていく感じです。

国連での勤務経験がある先生が多く在籍しており身になる講義が受けられています。

「国際」とはいいますが日本の政治システム、戦後政策に焦点を当てたゼミも存在します。

2学年までオールイングリッシュの授業が必修であり(4単位)、ある程度英語のコミュニケーションスキルは伸びます。

またコンピュータの授業の必修もあり、実学の多い学部だと感じます。

 

Q4:今からもし、中学校、高校時代に戻れるとしたら「これをやりたい!」と思うことはありますか。

 高校に入った瞬間に燃え尽き症候群のようになり、勉強に関してはただただ惰性に高校生活を過ごしてしまったので、高校時代に戻ってしっかり勉強したいです。

学習環境は完璧だったのにもかかわらず、身を入れて勉強しなかったのが今になって悔やまれます。

本当に高校生活は一瞬なので(中学校よりも体感は早いと個人的には感じます)、勉強や部活には常に計画性をもって取り組んでいってほしいと思います。

 

Q5:あなたにとって「勉強すること」とは何ですか。「勉強する」意義とはなんでしょうか。

 「勉強すること」は「自分の可能性を広げること」だと私は捉えています。

正直勉強しなくても、登校さえすれば日本は義務教育制度があるために中学校までは卒業することができます 。

中卒でもとび職人や大工になって立派に働いている人や、企業して大儲けした人は周りに存在します。

しかし日本においてそれはごく一部で、どうしても学歴の壁は存在します。

海外は学歴よりスキルを重視するところが多いですが、スキルがあっても最低限のコミュニケーション能力が必要です。

つまりは言語の「勉強」がいるのです。

選択肢は少なくて困ることはあってもたくさんあって困ることはない。そう思って私は今も勉強しています。

 

 

 

 以上、回答してくれた先生はご協力ありがとうございました。

中学生、高校生の皆さんにとっては大いに参考になるお話であったのではないかと思います。

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。