プログレス個別教室

兵庫県の明石市、西宮市を中心に4教室を展開する個別指導塾プログレスのブログです。

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。

誌上授業 第2回 ―現在完了―(3)

最後に、簡単なまとめとして応用内容を少し紹介しておきます。

 

410951.hateblo.jp

 

◆第6回:過去完了形

 

f:id:progress410951:20180629173300p:plain

 

 会話、とりわけ日本語の会話では、「過去の1点までずっと続いていたこと」や、

「過去から見てさらに過去にさかのぼったこと」を何気なく表現することもあると思います。

 

例えば

 

「私、2年前までずっとピアノ習ってたよ。」

 

ですとか

 

「僕は今日学校で、昨日のサッカーの試合のことを友達と話しした。」

 

などです。

 

前者は2年前という過去の時点からピアノを習っていたのは更に過去の話であり、

後者は今日の学校であった会話が過去のお話、そこから更にさかのぼって昨日のサッカーの試合のことは過去のさらに過去のお話ですね。

 

日本語では、そうしたお話についても過去の表現の一環として表すかと思いますが、

英語では過去1点の話と、それ以前の話とではどちらが昔の話なのか?

をしっかりと区別して、過去形とはまた違った書き方、表現をします。

 

それが過去完了形と呼ばれるものです。

 

過去完了形については、詳細は高校以上の英文法で学習しますので今回は詳細な解説はしません。

簡単に形式だけ説明しておくと現在完了がhave / has + 過去分詞で作るのに対して、

過去完了はhad + 過去分詞という形になります。

 

但し、この過去完了形については公立中学校の定期テストででも、また公立高校入試にも絶対に出題されませんので、

高校入学後にしっかりと学習してもらえれば良いのではないかと思います。

 

今むしろ重要なのが、こうした表現の仕方もまた別にあるということを知識としてしっておいた上で、

より現在完了形、過去形についての理解を深めていくということではないかと思います。

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。