プログレス個別教室

兵庫県の明石市、西宮市を中心に4教室を展開する個別指導塾プログレスのブログです。

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。

今日は何の日~2月26日~(1)

今日は何の日~2月26日~

 

一昔前のお昼の番組でこんなのがありましたが(笑)2月26日と言うと1936年2月26日、中学校の歴史の教科書にも載っていますね。

いわゆる二・二六事件というやつが有名です。

 

教科書の上では、陸軍の青年将校らによるクーデター事件。

高橋是清大蔵大臣、渡辺錠太郎教育総監斎藤実内大臣らが暗殺され、鈴木貫太郎侍従長が重症を負った他、

岡田啓介首相、牧野伸顕内大臣らも襲撃を受けた事件として紹介されているかと思います。

 

この事件については、岡田啓介首相と間違えて義理の弟である松尾伝蔵が暗殺されたこと、

当の岡田啓介首相は押し入れの中に隠れており難を逃れたこと、

その後も陸軍青年将校らが居座る首相官邸から一命をとりとめた岡田啓介首相が弔問客に混ざって脱出した一連の流れ、

またこのクーデターの始終を耳にした昭和天皇の激怒・・・など様々な逸話があります。

 

www.sankei.com

 

・「朕ガ最モ信頼セル老臣ヲ悉ク倒スハ、真綿ニテ朕ガ首ヲ締ムルニ等シキ行為ナリ」

(私が最も信頼する老臣をことごとく殺すことは、真綿(まわた)で私の首を締めるに等しい行為だ。)(2/27)

 

・「朕自ラ近衛師団ヲ率イテ、此レガ鎮定ニ当タラン、直チニ乗馬ノ用意ヲセヨ」

(私が自ら近衛師団を率いて鎮圧に当たるから、すぐに乗馬の用意をせよ。)(2/27)

 

(いずれもhttp://kajipon.sakura.ne.jp/kt/peace-g.htmlより引用)

というお言葉は有名ですね。

こうしたお話に関しては、それこそYoutubeで「二・二六事件」と検索すると、様々な動画が出てきます。

歴史も、Youtubeでお勉強できるとは、良い世の中になったものです(笑)

 

天皇主権で、絶対的な権力を保持していた。』などと一般的には言われる大日本帝国憲法下の天皇制度ですが、

実は昭和天皇が御聖断(自らの意志)によって政治を動かした事例というのは2つしか無く、その一つがこの『自ら近衛兵を率いて反乱勢力の鎮圧にあたる。』との意志を表明された「二・二六事件」であったと言われています。

ちなみにもう一つは「太平洋戦争終結ポツダム宣言受諾の御聖断」です。

 

太平洋戦争終結という観点から言えば、この事件で襲撃を受け、大怪我を負った鈴木貫太郎侍従長は最終的には戦争終結終戦)に向けて、

のちに総理大臣に就任することとなるなど、歴史的にもその後の日本の命運を左右する事件であったのではないかと思います。

 

次回へ続きます。

410951.hateblo.jp

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。