プログレス個別教室

兵庫県の明石市、西宮市を中心に4教室を展開する個別指導塾プログレスのブログです。

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。

元号について(3)

またまた前回の記事の続きです、元号のお話は今回が最後です。

410951.hateblo.jp

 近代の元号における重大事件としては、大正天皇崩御の際の「大正」の次の元号をめぐっての光文事件(こうぶんじけん)が挙げられるかと思います。

今も昔も、「次の元号が何になるのか」というのは、各新聞社、テレビ局はどこも

「自分たちだけがいち早く報道したい!自分たちが真っ先にスクープを報じたい!」と考えるものです。

 

1926年12月25日の大正天皇崩御の際にも「大正」の次の元号が何になるか、当時の各新聞社がこぞって「我先に記事にするんだ!」と競争しました。

その中で、東京日日新聞(いまの毎日新聞)が真っ先に、同じ25日中に「大正の次の新しい元号は光文(こうぶん)です!」という記事を出しました。

もちろん当時、これを読んだ人々は「東京日日新聞すげえな、大スクープじゃん!」となったに違いありません。

しかしご存知の通り、その東京日日新聞が記事を出した後になって「大正」の次の元号は「昭和」と正式に決まり、

世紀の大スクープは一瞬のうちに世紀の大誤報となってしまい、これを報じた東京日日新聞も一転、大うそつき者になってしまいました。

この『世紀の大誤報』を受けて、東京日日新聞は編集局主幹というお偉い人が責任を取って辞任するという事態にまで発展し、正に「元号」をめぐる大事件であったといえます。

(これについては当時、「大正」の次の元号は本当に「光文」と決まっていたそうですが、

先に新聞(東京日日新聞)にスクープが流れてしまったために、宮内省のお偉い人が怒って

急遽、「昭和」に変更になったという本当かどうかわからない噂話もあります。)

 

 ちなみに、東京日日新聞毎日新聞の名誉のために書いておくと、毎日新聞はその後の昭和天皇崩御後、

いまの「平成」へと元号が変わる際にはきっちりと「次の元号は『平成』です!」という記事を出しており、

何とか光文事件のリベンジを果たしたということになりました。

 

「平成」の次の元号についても、早ければ2018年中に発表されるというお話もありますが、

おそらくそれくらいの時期になると各社報道機関は躍起になって「自分たちが真っ先に新元号をスクープするんだ!」と競争し始めるのではないかと思います。

 

 元号を考える上でのルールは実際にはいくつかあるそうですが、それを元に今の段階で予想するというのはほぼ不可能に近いことです。

従って、ここではそうした予想はしませんが、何よりも今回の改元元号を変える作業)は、

天皇崩御、新天皇即位に伴うものではありませんので、新元号も前もって発表され、それに馴染み、親しむ期間も十分にあると予想されます。

明治から大正、大正から昭和、昭和から平成と基本的には全て天皇崩御、新天皇即位による改元でしたので、

「ご譲位」という形での改元は近代に入って初めてのことです。

それはつまり、今回はこれまでとは違ったまた新しい時代の移り変わりを私たちも経験することになります。

 

 よく、「元号が変われば時代が変わる」と言われます。

天皇陛下におかれても今上陛下、皇后陛下は、「平成」という時代を省みても

正に激動の時代をお治めになった昭和天皇とはまた違った、新しい時代の『象徴』であったと言えます。

 

 平成の次の新しい元号はどんな元号になるのでしょうか、また平成の次の新しい時代はどのような時代になるのでしょうか。

もちろんこれは、「平成」がどのような時代になるのか、「昭和」に生きた人が予想できなかったように、

「平成」を生きる私たちにはまだ予想すらできないことです。

今はただ、新しい時代に期待と不安を抱きつつ、残り少なくなった貴重な「平成」の時代を一日、また一日と謳歌したいものですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元号に関するクイズ

答えがわかったら教室長先生に答えを教えてください。
全問正解できた人には先着順で、何かプレゼントします!(塾生に限ります)
(大久保教室では先着5名の人にジュース1本プレゼントします(笑))
一見難しく見えますが、ネットで調べればすぐに答えが出てきます。
 
Q1:日本の歴史上、最初の元号は何でしょう。
 
Q2:日本の歴史上、最も期間の長かった元号は何でしょう。
 
Q3:「明治」という元号は、どうやって決まったでしょう。
 
Q4:昭和64年とは、西暦何年何月何日から、何月何日までだったでしょう。
 
Q5:これは、昭和天皇崩御にともなって新しい『平成』という元号が発表されたときの写真です。
この平成と書かれた台紙を掲げているおじさんは誰でしょう。
国立公文書館より引用)

http://www.archives.go.jp/naj_news/img/02/special_zoom_10.jpg

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。