プログレス個別教室

兵庫県の明石市、西宮市を中心に4教室を展開する個別指導塾プログレスのブログです。

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。

元号について(1)

2019年4月30日をもって、いまの天皇陛下はご譲位され、翌5月1日をもっていまの皇太子殿下が新しく天皇として即位される予定となっています。

 

ちなみに、一般教養として今の天皇陛下を「平成天皇」と呼ぶのは間違いで、単に天皇陛下、あるいは今上(きんじょう)天皇、今上陛下などと呼ぶのが正しい呼び方です。

しかし、昭和天皇などというのはこれはまた正しい呼び方で、崩御(ほうぎょ)された(お亡くなりになった)天皇についてはその元号(明治、大正、昭和など)をつけて呼ぶのが正しい呼び方です。

 

また、これはテレビや新聞等のマスメディアも何気なく使っている、「生前退位」などの「退位」という言葉がそもそもなぜ使われるようになったのかということも難しい問題です。

そもそもの「退位」と「譲位」という言葉の意味の違い、今回のご譲位に至ることとなった経緯、法律、特に日本国憲法との問題など様々なことが考慮された結果、「退位」という言葉が使われるようになりました。

これについてはまた時間があればお話したいところではありますがこの記事では、「ご譲位」という言葉に統一したいと思います。

 

 今回のご譲位で注目された点の一つとしては、今上陛下がご譲位されたあと、どのような呼び方になるのかということでした。

これについては「上皇」、あるいは「上皇陛下」という呼び方がなされることが決まり、

小学校、中学校の歴史の授業で習った懐かしい呼び方が現代に復活するということとなります。

後白河上皇後鳥羽上皇などは日本の歴史においてもそのときどきの中心的な人物として歴史上、登場する方たちですね。

 

 さてそこで一つ。

 

後白河上皇後鳥羽上皇などが『後白河』、『後鳥羽』のような呼び方がされるのに対して、最近は昭和天皇明治天皇などと元号で呼ばれるのでしょうか。

 

この問いは、法律の観点から考えれば答えは簡単です。

1979年に成立した元号法という法律に一世一代の制(天皇在位中に、元号を変えないという原則)が定められているからと言えます。

しかし昔は、特に明治時代の前は一人の天皇在位中にも元号が変わるという制度でした。

たとえば、江戸時代の孝明天皇のご治世では弘化、嘉永安政、万延、文久、元治、慶応という風に実に7回も元号が変わったそうです(ちなみに慶応の次が明治です)。

そして、慣習としては明治維新、すなわち明治天皇のご治世から一世一代の風潮は存在したようですが、約40年前にようやく法制度化されたという経緯です。

 

次回に続きます。

 

410951.hateblo.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元号に関するクイズ

答えがわかったら教室長先生に答えを教えてください。
全問正解できた人には先着順で、何かプレゼントします!(塾生に限ります)
(大久保教室では先着5名の人にジュース1本プレゼントします(笑))
一見難しく見えますが、ネットで調べればすぐに答えが出てきます。
 
Q1:日本の歴史上、最初の元号は何でしょう。
 
Q2:日本の歴史上、最も期間の長かった元号は何でしょう。
 
Q3:「明治」という元号は、どうやって決まったでしょう。
 
Q4:昭和64年とは、西暦何年何月何日から、何月何日までだったでしょう。
 
Q5:これは、昭和天皇崩御にともなって新しい『平成』という元号が発表されたときの写真です。
この平成と書かれた台紙を掲げているおじさんは誰でしょう。
国立公文書館より引用)

http://www.archives.go.jp/naj_news/img/02/special_zoom_10.jpg

 

コメントは、承認されたコメントのみを表示します。

欠席連絡や振替等、教室宛の私信はコメント欄には書き込まないで下さい。